果物輸出にあたっての現状と課題 そして今後の方向性

イベント 
160128_3
160128_2

2016年1月28日(木)福島県果樹経営者研究会において『果物輸出にあたっての現状と課題そして今後の方向性』と題して、株式会社 いし東の国際事業部・平石亘さんより講演会がおこなわれました。

福島の果物、これからどうなる?

果物輸出にあたっての現状と課題として、福島県産果実の収穫量と割合の数字を照らし合せました。実際にそれらの果物(もも/りんご/なし/かき/ぶどう/いちごなど)が『海外ではどのくらいの割合で、実際にはどのような国に輸出されているのか』を考えます。各国それぞれの果物の生産量や環境などを考慮した上で、実際に輸出した場合の船や飛行機における輸送コストの問題・放射性規制・海外からの評価と考え方などについてご指導をいただきました。

160128_4
160128_1

果物を保存・加工することの可能性は?

また、今後の方向性としては自身の生産する果物への魅力を見出すことの重要性であったり、アルコールブライン凍結機をつかった加工技術、プロトン凍結機や3Dフリーザーをつかった加工方法(冷凍)、氷温とよばれる貯蔵方法、鮮度保存(果物洗浄)など、保存における内容についても深く考えさせられる内容となりました。その他、輸送の際につかわれる冷蔵輸送(スパーリングシステム)や果物を加工するアイディアなどもたくさんの具体例とともにご説明いただきました。
菱沼農園でも、2015年から保存や加工の技術を本格的に導入し始めたこともあり、現状の問題や課題をリアルタイムで見つめ直すよい機会であったと思います。

つながりを意識する時代がきている!

海外バイヤーさんのご紹介やこれからの福島県民としてのネットワークのつながり方のアイディアも多数いただきました。福島県果樹経営者研究会をはじめ、これからの果実との向き合い方について一層関心と意識を向上させる講習会となりました。


ショップをみる

*ご注文の前に必ずお読みください。

くだもの名人からこんな記事も。


りんご 王林
福島りんご
福島 桃 サンふじ りんご さくらんぼ 佐藤錦 りんご ジュース りんご蜜 菱沼写真館 完熟りんご蜜

商品をみる

人気エントリー

旬だから、おいしい


福島さくらんぼ
【5月予約受付開始】

菱沼農園の福島 さくらんぼの育て方は、子どもと同じ。福島さくらんぼとコミューニケーションをとることで、果物の中でも究極のさくらんぼができあがります。40年の歴史を持つ菱沼農園の福島 さくらんぼが大きく変化を遂げます。また、さくらんぼの栄養と効能、料理レシピ、保存方法などにについてもご紹介もしています。

>さくらんぼといえば佐藤錦

福島桃
【7月予約受付開始】

菱沼農園で栽培する福島の桃。菱沼農園では、福島 桃の栽培の歴史50年の伝統を更にこだわり、独自の栽培方法を更に試行錯誤。果物の中でも究極の一級品としての福島桃をつくりあげて産地直送しております。また、桃に関する栄養と効能、栽培方法、見分け方、保存方法、料理レシピなどにについてもご紹介しております。

>福島桃といえばやっぱりあかつき

福島りんご
【11月予約受付開始】

福島りんごは収穫時期が遅いため、蜜入りで完熟。こだわりの栽培方法を試行錯誤し、果物の中でも究極の蜜入りりんごサンふじを栽培しています。産地直送で全国へお届けしておりますので新鮮で安心。菱沼農園で取り扱う果物の中で最も歴史の深いサンふじ60年の歴史を、りんごの旨味と甘みでぜひお楽しみください。

>福島りんごサンふじとは?



菱沼農園で育てるくだもの一覧

…2015年度終了 …受付中 …お知らせメール

200mℓ*12
200mℓ*6
200mℓ*3
500mℓ*3
500mℓ*2
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*2
1ℓ*6

『のむもも』を試す

*ご注文の前に必ずお読みください。


*いつでも簡単に解除できます。