あかつきは福島県を代表する桃の品種!やっぱり福島桃はあかつき

福島桃 ,

桃 あかつき

福島桃の代表品種といえばあかつき

一般の方々からすれば桃の品種についてはそれほど気にならないかもしれません。しかし、桃の場合は特に品種によって桃の固さが大きく異なってきますので、品種による好みがはっきり分かれてくるのではないかと感じます。例えば、菱沼農園で栽培している福島桃について、福島桃の代表品種でもある”あかつき”と呼ばれる品種が最も有名であるとされています。あかつきは、肉厚で果汁も多く、果肉も比較的柔らかめですが、川中島白桃とよばれる品種は比較的硬めの品種なので、日を置くなどして柔らかくするなどの工夫が必要です。(桃 保存方法についてはこちら)

140705_2

あかつきが福島桃の代表品種であることの由来は、かつて福島県で桃を栽培していた農家が、白鳳と白桃の交配によってつくりあげたことにあります。”あかつき”という品種名の由来は、福島県福島市に古くから伝わる伝統の祭り「あかつき祭り」にちなんだ名前です。あかつきは他の品種や果物と比較しても特に糖度が高く、甘酸適和の優良品種で、皇室に献上される最高峰の桃としても知られております。

また、福島県で栽培される桃の品種のほとんどは『袋掛け』と呼ばれる、栽培時に袋を桃にかけない「無袋栽培」である場合がほとんどです。この袋をかけるかかけないかは、桃のおいしさや特徴に加え、色味や大きさなど、あらゆる面において大きく影響を与えるので注意が必要です。品種による栽培方法だけではなく、農家や地域、またはその環境によって異なります。(桃 栽培方法)菱沼農園では桃に袋をかけず、太陽をできるだけ多く浴びさせることで、赤みの色が強く、そして甘さを最大限まで生み出す栽培方法にも挑戦しております。


来歴:国立果樹試験場が「白桃」×「白鳳」を交配育成した中生種であるが、「あかつき」には数多くの枝変り変異種が出回っており、品質や熟期も様々である。当社では福島県伊達市保原町において選抜された、本来の「あかつき」の食味と熟期を引き継ぎながら大玉の優良系統の穂木を使用して苗木生産している。

果実:果重は280~300g位で玉揃い良く、核割れ・裂果は殆ど無い。肉質は緻密で果汁も多く、「白鳳」より高糖度で甘味が強く微酸で、食味は極上の旨さである。

熟期:福島市では「白鳳」よりやや遅い8月中旬頃に収穫される。

樹生:樹姿と樹勢は中位で、花芽着生が良く花粉多く豊産性である。

コメント:福島の代表的な品種であるあかつきは、人気も堂々のNo.1です。甘味が強くて、じゅわ〜っと溢れ出る果汁がたまりません。菱沼農園では毎年8月上旬に出荷を予定しております。

桃 あかつき


桃だけ定期便2017を予約する

*ご注文の前に必ずお読みください。

くだもの名人からこんな記事も。


りんご 王林
福島りんご
福島 桃 サンふじ りんご さくらんぼ 佐藤錦 りんご ジュース りんご蜜 菱沼写真館 完熟りんご蜜

商品をみる

人気エントリー

旬だから、おいしい


福島さくらんぼ
【5月予約受付開始】

菱沼農園の福島 さくらんぼの育て方は、子どもと同じ。福島さくらんぼとコミューニケーションをとることで、果物の中でも究極のさくらんぼができあがります。40年の歴史を持つ菱沼農園の福島 さくらんぼが大きく変化を遂げます。また、さくらんぼの栄養と効能、料理レシピ、保存方法などにについてもご紹介もしています。

>さくらんぼといえば佐藤錦

福島桃
【7月予約受付開始】

菱沼農園で栽培する福島の桃。菱沼農園では、福島 桃の栽培の歴史50年の伝統を更にこだわり、独自の栽培方法を更に試行錯誤。果物の中でも究極の一級品としての福島桃をつくりあげて産地直送しております。また、桃に関する栄養と効能、栽培方法、見分け方、保存方法、料理レシピなどにについてもご紹介しております。

>福島桃といえばやっぱりあかつき

福島りんご
【11月予約受付開始】

福島りんごは収穫時期が遅いため、蜜入りで完熟。こだわりの栽培方法を試行錯誤し、果物の中でも究極の蜜入りりんごサンふじを栽培しています。産地直送で全国へお届けしておりますので新鮮で安心。菱沼農園で取り扱う果物の中で最も歴史の深いサンふじ60年の歴史を、りんごの旨味と甘みでぜひお楽しみください。

>福島りんごサンふじとは?



菱沼農園で育てるくだもの一覧

…2015年度終了 …受付中 …お知らせメール

200mℓ*12
200mℓ*6
200mℓ*3
500mℓ*3
500mℓ*2
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*2
1ℓ*6

『のむもも』を試す

*ご注文の前に必ずお読みください。


*いつでも簡単に解除できます。