桃の木は一年間でどのくらい成長するのだろう?福島桃の畑を観察してみまし…

福島桃 

2014年9月13日、さくら白桃の収穫も間近ということで桃畑を撮影してきました。動画の冒頭で流れる畑は、昨年2013年3月上旬の様子。当時は福島の伝統野菜である信夫冬­菜を中心に育てていた畑だったのですが、その後たった一年ちょっとで、この畑は緑あふ­れる桃畑となりました。今現在は幸茜(さちあかね)・黄貴妃(おうきひ)・月明(つき­あかり)・桃水(とうすい)の収穫に向けて栽培しています。

桃というのは、一本の同じ木からいくつも実が成りますが、それぞれの葉の量や陽のあたり方によって、果実の熟度や色つきが微妙に変わってきます。ひとつひとつを丁寧に見分け、タイミングをみて順番に収穫していきます。さくら白桃は、これまでの品種と比べると硬めの桃なので、日持ちもよいんですよ。これからの時期、お彼岸にご家族で過ごすにはさくら白桃をおすすめします!

一年前は枝のように細かったのに…


ショップをみる

*ご注文の前に必ずお読みください。

くだもの名人からこんな記事も。


りんご 王林
福島りんご
福島 桃 サンふじ りんご さくらんぼ 佐藤錦 りんご ジュース りんご蜜 菱沼写真館 完熟りんご蜜

商品をみる

人気エントリー

旬だから、おいしい


福島さくらんぼ
【5月予約受付開始】

菱沼農園の福島 さくらんぼの育て方は、子どもと同じ。福島さくらんぼとコミューニケーションをとることで、果物の中でも究極のさくらんぼができあがります。40年の歴史を持つ菱沼農園の福島 さくらんぼが大きく変化を遂げます。また、さくらんぼの栄養と効能、料理レシピ、保存方法などにについてもご紹介もしています。

>さくらんぼといえば佐藤錦

福島桃
【7月予約受付開始】

菱沼農園で栽培する福島の桃。菱沼農園では、福島 桃の栽培の歴史50年の伝統を更にこだわり、独自の栽培方法を更に試行錯誤。果物の中でも究極の一級品としての福島桃をつくりあげて産地直送しております。また、桃に関する栄養と効能、栽培方法、見分け方、保存方法、料理レシピなどにについてもご紹介しております。

>福島桃といえばやっぱりあかつき

福島りんご
【11月予約受付開始】

福島りんごは収穫時期が遅いため、蜜入りで完熟。こだわりの栽培方法を試行錯誤し、果物の中でも究極の蜜入りりんごサンふじを栽培しています。産地直送で全国へお届けしておりますので新鮮で安心。菱沼農園で取り扱う果物の中で最も歴史の深いサンふじ60年の歴史を、りんごの旨味と甘みでぜひお楽しみください。

>福島りんごサンふじとは?



菱沼農園で育てるくだもの一覧

…2015年度終了 …受付中 …お知らせメール

200mℓ*12 200mℓ*6 200mℓ*3 500mℓ*3 500mℓ*2 1ℓ*6 1ℓ*6 1ℓ*6 1ℓ*6 1ℓ*2 1ℓ*6

『のむもも』を試す

*ご注文の前に必ずお読みください。


*いつでも簡単に解除できます。