農家が教える桃の保存方法とは?おいしく食べる準備と心構え

福島桃 

桃の保存方法

150713_1
150713_2

撮影:U2

桃の正しい保存方法

桃の保存方法については基本的には常温で保存することをおすすめします。ただし、固い桃と柔らかい桃の好みに合わせて保存方法にも多少違いがありますので、好みの具合に調整することもできます。品種によって差はありますが、固い桃を柔らかい桃にしたい場合、1,2日ほど常温に置いておくことで柔らかい桃になります。すでに柔らかめの桃である場合は、それ以上置くと傷んでしまう恐れもありますので新聞紙などでそっと包んで、日陰や冷暗所で風通しのよい、涼しいところで保管することをおすすめします。注意しなければならないのは、エアコンや扇風機に当ててしまうと桃の水分が奪われて乾燥してしまう恐れがあるので、なるべく自然に保管できるとよいです。また、冷蔵庫で冷やしてしまうと甘みが半減してしまうのでおすすめできませんが、きちんとラップで包むか、少し空気を含ませたビニール袋に入れて保存した場合は1週間以上は保存が効きますので、食べる2時間前に常温で温度を戻してからお召し上がり頂けるとよいです。

柔らかい桃と固めの桃

柔らかい桃にするための基本は、まず常温で2〜3日置いてみることです。上記でも述べましたが、エアコンや扇風機の効いた乾燥した部屋や、冷えた場所、そして直射日光の当たる場所も避けましょう。2,3日常温で置くことで、桃のおしり部分から順番に柔らかくなってきます。(桃 見分け方)。見た目も触った感じも柔らかく変化してくるのが分かりますが、桃の柔らかさを調べる際には慎重にしましょう。桃はデリケートな果物なので、少し強く押してしまうとその部分から桃が傷んでしまう場合があります。(桃 保存方法)。2,3日して柔らかい桃になってくると、桃の皮の見た目が少し透き通った感じになってくるのが分かると思います。固めの桃を食べたい場合は、日を置いたり保存することをせず、なるべく早くお召し上がり頂くことをおすすめします。品種でいえば川中島白桃は比較的固めの品種ですのでおすすめです。

150713_3
150713_4

撮影:U2

食べる直前の準備と心構え

桃は温度や湿度に敏感なので、例えば常温でしっかりとした保存方法を実行していても、食べる直前に皮をむいたり卓上に出して数十分経過しただけで、甘みも色味も変化してしまう可能性があります。桃の甘みを最大限に引き立たせるために、お召し上がりいただく2〜3時間前に一度、冷蔵庫に入れてかるく冷やす方法はおすすめです。食べる直前に2,3時間ほんのりと冷やしてあげることで、桃本来のもつ旨味・甘みを引き出すことができます。ただし、冷蔵庫で長時間保存してしまうと桃の甘みを感じにくくなりますのでご注意ください。

桃を含む果物に関して、食べ方のコツに皮のむき方 があります。特に桃の場合、皮は柔らかいので手でも簡単に剥くことができます。しかしながら実は、桃の皮と果実のちょうど間にこそ、桃を含む果物の最大の 栄養素や甘み・旨味をより多く含んでいるものです。桃の皮は手で簡単に剥くことができるからといって剥いてしまうのではなく、その桃の皮と果実の間の旨味 や栄養素を感じながらお召し上がりいただけるとよいです。

もしも皮をむいてしまったら?

桃は基本的に皮ごとお召し上がりいただくことが望ましいのですが、すでに皮がむかれた桃をしばらく置いてお きたい場合は、レモンの汁を適度に加えてジップロックや密封されたビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しておくと、茶色に変色するのをある程度防ぐことができ ます。ただし、あくまで一時的な保存方法となりますので、遅くても翌日までにはお召し上がりください。桃はとてもデリケートな果物ですので、傷まないように注意してください。スーパーやギフトの桃があのウレタンのネットのスカート履いているのもそのためです。デリケートな桃を優しく包むように保存しているのです。

福島桃のおいしい食べ方

水々しく甘みのある果肉とほんわかとした香りで、 大人はもちろん小さなお子様にまで親しまれている桃。お菓子や飲料水などの風味・香料などにも使用され、高い人気を誇っております。そのように大人気を誇 る桃ですが、その分デリケートで保存方法をちょっと誤るとすぐ傷んでしまう恐れがあるので注意が必要です。(桃 保存方法)た しかに、やわらかい感触のモモは手に持つと潰れてしまいそうで、皮もむきにくいかもしれません。桃は常温に置いておいて、食べる2~3時間前から冷蔵庫で 冷やしておくと、多少果肉も引き締まり、皮もむきやすくなりますよ。手を汚さずに、きれいに食べる方法を見ていきましょう。

桃の皮の剥き方については、枝 がついていた部分と反対のおしりの部分から、枝がついていた部分に向かうように剥きます。よく熟し、柔らかくなった桃は手でも皮を剥くことができます。包 丁で皮を剥く場合も、皮を包丁にかけながら丁寧に引いてあげることで簡単に剥くことができます。そうすると、桃の形を崩さずにそのままの形できれいに剥く ことが可能です。ただし、柔らかい桃だと少し力を加えただけで変形してしまう場合がありますので、基本的に桃は手のひらに乗せるようにして持つようにして ください。また、普段は常温で保存することが望ましいのですが、食する2,3時間前くらいに一度、冷蔵庫に入れてかるく冷やすとよいです。更には、15分 (お召し上がり頂く直前)に、さっと冷水を入れたボウルなどで冷やすと効果的です。その後、桃に着いた水気をきれいにふき取ってカットしていきます。桃に は果実の真ん中あたりに大きな種が一つ入っておりますので、その種の部分はスプーンなどでうまく取り除くようにしながら桃の果実をカットするようにしてください。

桃の保存方法


ショップをみる

*ご注文の前に必ずお読みください。

くだもの名人からこんな記事も。


りんご 王林
福島りんご
福島 桃 サンふじ りんご さくらんぼ 佐藤錦 りんご ジュース りんご蜜 菱沼写真館 完熟りんご蜜

商品をみる

人気エントリー

旬だから、おいしい


福島さくらんぼ
【5月予約受付開始】

菱沼農園の福島 さくらんぼの育て方は、子どもと同じ。福島さくらんぼとコミューニケーションをとることで、果物の中でも究極のさくらんぼができあがります。40年の歴史を持つ菱沼農園の福島 さくらんぼが大きく変化を遂げます。また、さくらんぼの栄養と効能、料理レシピ、保存方法などにについてもご紹介もしています。

>さくらんぼといえば佐藤錦

福島桃
【7月予約受付開始】

菱沼農園で栽培する福島の桃。菱沼農園では、福島 桃の栽培の歴史50年の伝統を更にこだわり、独自の栽培方法を更に試行錯誤。果物の中でも究極の一級品としての福島桃をつくりあげて産地直送しております。また、桃に関する栄養と効能、栽培方法、見分け方、保存方法、料理レシピなどにについてもご紹介しております。

>福島桃といえばやっぱりあかつき

福島りんご
【11月予約受付開始】

福島りんごは収穫時期が遅いため、蜜入りで完熟。こだわりの栽培方法を試行錯誤し、果物の中でも究極の蜜入りりんごサンふじを栽培しています。産地直送で全国へお届けしておりますので新鮮で安心。菱沼農園で取り扱う果物の中で最も歴史の深いサンふじ60年の歴史を、りんごの旨味と甘みでぜひお楽しみください。

>福島りんごサンふじとは?



菱沼農園で育てるくだもの一覧

…2015年度終了 …受付中 …お知らせメール

200mℓ*12
200mℓ*6
200mℓ*3
500mℓ*3
500mℓ*2
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*2
1ℓ*6

『のむもも』を試す

*ご注文の前に必ずお読みください。


*いつでも簡単に解除できます。