さくらんぼの料理レシピって?おいしいさくらんぼジャムをつくろう!

福島さくらんぼ ,

さくらんぼの料理とレシピ

菱沼農園の福島さくらんぼで楽しくクッキングしよう!

さくらんぼは様々な料理に応用して使用することが可能ですが、特に有名な料理レシピしては、例えばムースやシャーベットなどのデザートに最適です。また、さくらんぼの果実をそのまま活用して、ミキサーにかけてジュースにすることもおすすめします。また、デザートやジュースなどの他にも、例えばパスタ料理に使用することも可能です。さくらんぼの果実をそのまま生かしたい場合は、小粒であることやさくらんぼの甘みや旨味を生かして、果実がほんのり香り、残るようなさくらんぼジャムや薬酒への加工もおすすめです。さくらんぼジャムを作る際に必要なものは以下の通りです。

さくらんぼジャムのつくり方

さくらんぼ 200g(約120g〜170g)
グラニュー糖 80g(さくらんぼに対して半分以下、約40%)
レモン汁 10g(さくらんぼに対して少々)
  1. 丸洗いしたさくらんぼの軸と種を丁寧に取り出して小皿に入れる。
  2. 実だけになったさくらんぼにグラニュー糖5gを入れて5分ほど寝かせる。
  3. 水分のでてきたさくらんぼにレモン汁10gを加えて火にかける。
  4. しばらくすると灰汁がでてくるので取り除いてグラニュー糖5gを加えながら10分弱火で程煮詰めるとジャムができあがる。

干し柿みたいにさくらんぼも干せるのかなと思って調べてみましたが、どうやらそれはできないようです。さくらんぼ自体、しばらく放置しておくと 色味も悪くなり、あまみもなくなってしまうので、そのままさくらんぼを食べるにしても加工するにしても、新鮮な状態で召し上がることを強くおすすめします。

さくらんぼ酒のつくり方

菱沼農園では佐藤錦を主に栽培しておりますが、もう一つ紅さやかと呼ばれる品種も栽培しております。その紅さやかは色味が非常に濃い色をしており、料理やレシピにおいて色味のはっきりだしたい場合には最適です。特に、さくらんぼ酒とよばれるような、紅さやかを使用したお酒は色味もはっきりでるので味はもちろん、見た目もきれいなお酒をつくることができます。

さくらんぼ(紅さやか) 約1kg(800g〜1200g)
レモン 3個〜4個
氷砂糖 約300g(さくらんぼの量に合わせて100g〜500g)
ホワイトリカー 約1,5ℓ〜2ℓ
  1. さくらんぼ(紅さやか)を水で簡単に洗って洗った後、しばらく置いて自然乾燥させるか水をふき取り水気をなくします。(必要な場合はさくらんぼの軸は取り除いておいてください。)
  2. 用意していたレモン3個〜4個をあらかじめ輪切りなどでカットしておきます。
  3. お酒を作る容器にさくらんぼ(紅さやか)約1kg(800g〜1200g)をすべて入れ、その上に氷砂糖を約300g(さくらんぼの量に合わせて100g〜500g)、輪切りにしておいたレモン(3個〜4個分)を入れます。
  4. ホワイトリカー(約1,5ℓ〜2ℓ)をすべて入れてください。この状態で封をし、約3ヶ月から4ヶ月のあいだ直射日光のあたらない涼しい場所において保存させるようにしてください。
  5. 3ヶ月〜4ヶ月のあいだじっくり寝かせたあと、さくらんぼの実を取り除いてください。このとき、レモンも残っていますがレモンは取り除かなくても結構です。この状態で十分にお酒を楽しむことが可能です。
  6. 更に深みのあるお酒を楽しみたい場合は、その後さらに数ヶ月のあいだ保存しておくと効果的です。
  7. さくらんぼのカロリーについて

    さくらんぼには様々な品種があり、それぞれ栄養と効能も少なからず異なります。国産で有名な品種とされる佐藤錦や紅さやか、海外で有名な品種であるとされるアメリカンチェリーなども栄養と効能がそれぞれ異なるのですが、それぞれのカロリーに関してはそれほど違いはありあません。さくらんぼや果物は甘いために、カロリーが多いのではないかと思われがちですが、果物の甘さは果汁の甘さなので糖分とはまた少し異なります。例えば大きめのさくらんぼ1個における全体の重さは約9gで、そのうち、可食部部分は約8gとなり、カロリーはおよそ5kcal程度であるとされております。大きめのさくらんぼ10個分のカロリー(約50g)を摂取すれば、50kcalを摂取することとなります。また、さくらんぼの成分については10粒の場合で以下の割合を摂取することが可能となります。

    さくらんぼの料理とレシピ


    ショップをみる

    *ご注文の前に必ずお読みください。

    くだもの名人からこんな記事も。


りんご 王林
福島りんご
福島 桃 サンふじ りんご さくらんぼ 佐藤錦 りんご ジュース りんご蜜 菱沼写真館 完熟りんご蜜

商品をみる

人気エントリー

旬だから、おいしい


福島さくらんぼ
【5月予約受付開始】

菱沼農園の福島 さくらんぼの育て方は、子どもと同じ。福島さくらんぼとコミューニケーションをとることで、果物の中でも究極のさくらんぼができあがります。40年の歴史を持つ菱沼農園の福島 さくらんぼが大きく変化を遂げます。また、さくらんぼの栄養と効能、料理レシピ、保存方法などにについてもご紹介もしています。

>さくらんぼといえば佐藤錦

福島桃
【7月予約受付開始】

菱沼農園で栽培する福島の桃。菱沼農園では、福島 桃の栽培の歴史50年の伝統を更にこだわり、独自の栽培方法を更に試行錯誤。果物の中でも究極の一級品としての福島桃をつくりあげて産地直送しております。また、桃に関する栄養と効能、栽培方法、見分け方、保存方法、料理レシピなどにについてもご紹介しております。

>福島桃といえばやっぱりあかつき

福島りんご
【11月予約受付開始】

福島りんごは収穫時期が遅いため、蜜入りで完熟。こだわりの栽培方法を試行錯誤し、果物の中でも究極の蜜入りりんごサンふじを栽培しています。産地直送で全国へお届けしておりますので新鮮で安心。菱沼農園で取り扱う果物の中で最も歴史の深いサンふじ60年の歴史を、りんごの旨味と甘みでぜひお楽しみください。

>福島りんごサンふじとは?



菱沼農園で育てるくだもの一覧

…2015年度終了 …受付中 …お知らせメール

200mℓ*12
200mℓ*6
200mℓ*3
500mℓ*3
500mℓ*2
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*6
1ℓ*2
1ℓ*6

『のむもも』を試す

*ご注文の前に必ずお読みください。


*いつでも簡単に解除できます。